老化対策の化粧品

女性は美容代にもお金が掛かるものですが、私など美容代が足らないと感じることがあります。

シミやシワをつくりたくないものなら、化粧品でのお手入れが必要です。
そのためにも、今月から来月いる必ずいる化粧品代は確保しておきたいのです。

しかし真面目にお手入れをしたいと思ったら、私は最低2万円と少しの金額が掛かります。歳をとるにつれてお肌の悩みは深刻化していきます。もうすぐ紫外線の強い夏がきます。

私は老化対策にはお金をかけたいので、自分のおこづかいでは足りないくらいの美容液を買ってしまいます。この間は、今話題の卵殻膜化粧品をネットで買ってみました。(卵殻膜を使った化粧品口コミランキング☆肌の老化を防ぐには?)

夏以外は、お化粧品代がないと思う場合には、少な目の化粧品の分量を使うのです。

例えば、普段には化粧水とオイルでのスキンケアをするのです。
これを化粧水5回付けするところを、2回くらい付けることに減らすのです。
またオイルもたっぷりとつけたいところを、たった1回で終わらすことをしてお顔にまでも節約するのです。

化粧品のサンプルなどの小さい入れ物に入ったものなども、部屋の中を探し大切につけるのです。

夜更かしすることで、必ずといって言いほどお肌は荒れた状態となります。
化粧品代も買えないと感じた場合は、夜更かししないで、睡眠を十分にとるのです。

食べる事で言いますと、食品を捨てる事を全くしないのです。
お金がないと感じない時などは、普段野菜のキャベツなども外側の部分は消毒をしていると身体に悪いと捨てることをします。
でもお金がないと感じた時は、キャベツなども熱を通したり水を多めに使い洗う事をして全く捨てないことに心掛けるのです。

レモンの皮を普段は捨てるのですが、お金がない時には、千切りにしてドレッシングなどに使うのです。

普段はお部屋においているティッシュペーパーなどは、お金がないと感じる時は少な目に使う事に心掛けます。
新聞や毎月届けてくれますリビングなどをフル活用して、ティッシュペーパーの無駄遣いをなくすのです。

郵便局や薬局で、ポケットティッシュを頂けることがあるのを知っていますから、一寸恥ずかしいのですが頂くこともします。

この様に、お金がないと感じる時は生活用品や野菜や美容代に至るまで非常にケチと言われるくらいの生活をして次のお給料までを繋ぐのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です